睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状

  1. ホーム >
  2. 睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

代表的な症状

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものです。睡眠時無呼吸症候群(SAS)で睡眠中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。脳も身体も断続的に覚醒した状態になってしまいます。そして、寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中、脳や身体には大きな負担がかかり、もはや休息どころではありません。

その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じ、下記のような症状が出現します。

(1)寝ている間
  1. ① いびきをかく
  2. ② いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  3. ③ 呼吸が止まる
  4. ④ 呼吸が乱れ、息苦しさを感じる
  5. ⑤ むせる
  6. ⑥ 何度も目が覚める(お手洗に起きる)
  7. ⑥ 寝汗をかく
(2)起きたとき
  1. ① 口が渇いている
  2. ② 頭が痛い、ズキズキする
  3. ③ 熟睡感がない
  4. ④ すっきり起きられない
  5. ⑤ 身体が重いと感じる
(3)起きているとき
  1. ① 強い眠気がある
  2. ② だるさ、倦怠感がある
  3. ③ 集中力が続かない
  4. ④ いつも疲労感がある