循環器内科専門医紹介


 手塚 大介 Daisuke Teduka

《略歴・資格等》
東京医科歯科大学医学部医学科卒
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学卒
東京医科歯科大学医学部附属病院循環器内科特任助教
心臓画像クリニック飯田橋Research Associate
東京大学先端臨床医学開発講座登録研究員
東京医科歯科大学大学院循環制御内科学非常勤講師(2016年4月~)
2016年4月 AIC八重洲クリニック

《所属学会》
日本内科学会、日本循環器学会
American Heart Association
日本心臓病学会、日本心不全学会
日本脈管学会、日本心臓核医学会
日本心エコー図学会、日本睡眠学会
Society for Cardiac Magnetic Resonance、Society of Cardiovascular CT 《専門医》
日本循環器学会専門医

《専門領域》
循環器画像診断(心エコー、冠動脈CT、心臓MRI、FDG-PET)
心筋症(肥大型心筋症、心サルコイドーシス)
高安動脈炎、睡眠時無呼吸症候群

 近藤 武 Takeshi Kondo

《略歴・資格等》
群馬大学医学部卒業
Johns Hopkins Medical InstitutionsにVisiting Research Associateとして留学、
(Prof. Henry Wagner & Prof. Lewis Becker) に師事
藤田保健衛生大学 医学部 循環器内科 教授に昇任
高瀬クリニック(群馬県高崎市) 循環器科
藤田保健衛生大学 医学部 客員教授
寿光会中央病院 循環器科
2015年~ AIC八重洲クリニック 循環器画像診断顧問

《専門分野》
循環器病学、循環器MRI、循環器CT、心臓核医学

自己紹介・診療方針
1977年から心エコー、心臓核医学、心臓MRI、心臓CTの研究を37年間研究してきました。
ことに冠動脈CTに関しては1992年から東芝メディカルシステムズと協同研究、開発を行い、高瀬クリニックでは17,000件の冠動脈CTを行いました。 拍動している心臓の表面に存在する冠動脈をブレなく鮮明に描出する冠動脈CTは、機器の進歩、撮影技術の工夫、心拍数のコントロール、被ばくの低減など多くの困難を乗り越えて到達した画像診断の頂と考えられます。この冠動脈CTは主に心臓核医学の技術の上に成り立っていて、今後はCTによる心筋血流評価が期待されています。
最終的に患者様の役に立つような綺麗な画像を提供するために診療放射線技師と伴に努力したいと思っています。(撮影技術習得のための見学、勉強会への参加を希望される医師、診療放射線技師も歓迎致します。AIC八重洲クリニック(0120-786-055)にご連絡ください)

 

皆月 隼 東京大学医学部付属病院 循環器内科特任臨床医
小松 宏貴 東京逓信病院循環器内科 医長
河村 岩成 都立広尾病院循環器内科シニアレジデント
藤本 進一郎 順天堂大学病院循環器内科 准教授
中田 晃裕 都立広尾病院循環器内科 シニアレジデント
佐々木 毅 東京医科歯科大学循環器内科 助教
土曜の診療 都内心臓専門病院 循環器内科 勤務医師

診療時間・担当医表 (循環器内科)

循環器
内科
 
午前
09:00~13:00
皆月 小松 手塚
仲井
河村 中田 東京医科
歯科大学
(※注1)
午後
13:00~17:00
手塚
森山
手塚 手塚 手塚
藤本
中田
※13:30~
都内循環器病院
循環器内科専門医
※14:00~18:00
夜間
17:30~21:00
手塚 手塚 手塚 手塚 東京医科
歯科大学
(※注1)

(※注1)の診療は、東京医科歯科大学循環器内科 不整脈センターの循環器内科医が担当いたします。